ひまわり教育研究センターの事業内容

子供の能力を最大限伸ばす方法を、 日本でいち早く確立していきます。子供の能力を最大限伸ばす方法を、 日本でいち早く確立していきます。

事業内容

ひまわり教育研究センターでは、幼児教室ひまわりで学んでおられる方の教育環境をより良くするための活動を行っていきます。

そのために、以下の事業内容を行っていきます。

1.教育に関するデータベースの蓄積

幼児教室ひまわりで配信している教育ノウハウは、わが子が医者になったり、東大に合格した親たちが実践していた教育法となります。複数の親たちの経験をもとにお話ししていますので、再現性が高いです。

そして、その精度をさらに高めるために、私たちは多数の保護者の方を対象にリサーチを行い、データベースを蓄積していきます。

また、データベースの一部はプレスリリースとして配信し、教育業界の発展に貢献したいと考えております。

2.教育ノウハウの開発、研究、エビデンスの構築

こちらは上記1と重なりますが、中長期的には大学との共同研究や論文の執筆を行っていきたいと考えています。

教育ノウハウを開発するリーダーとして、より精度が高いノウハウを開発していきます。

3.諸外国の最新教育ノウハウの収集および解析

教育業界は常に進歩しています。子供の能力を開発するための方法は、様々な国で開発され、成果が出ているものも多数あります。

私たちは諸外国の最先端のノウハウにもアンテナを張り、情報収集すると共に、そのノウハウに関して深く考察していきます。

4.知育アプリの開発

今のIT化の時代、活用してわが子の能力を開発するためにアプリの活用は避けて通れません。

わが子が東大に首席で合格した所長の上田先生の視点から考察し、「自分ならこういうアプリを子育てで活用する」というものを開発し、皆さまにご提供していきます。