現役東大生220人アンケートの調査結果の考察について、プレスリリースいたしました。

子供の能力を最大限伸ばす方法を、 日本でいち早く確立していきます。 子供の能力を最大限伸ばす方法を、 日本でいち早く確立していきます。

活動報告・研究データベース

現役東大生220人アンケートの調査結果の考察について、プレスリリースいたしました。

アンケート

ひまわり教育研究センターの加藤です。

現役東大生220名を対象とした調査の考察について、プレスリリースいたしました。

こちらの調査は、
「東大に合格するお子さんはどんな理由で勉強をし、保護者の方々はどのようなかかわりをしていたのか?」
ということにフォーカスし、現役東大生の小中高時代の勉強に取り組む姿勢を明らかにしました。

なかなか興味深い結果となりました・・・

現役東大生220人アンケート調査で判明!「両親に勉強しなさいと言われた1日の回数」「東大生が小学生、中学生の時に勉強したいと思った真の理由」

「学力の高い子どもは、勉強が好きで自らすすんで勉強をする」

そのように考えておられる親御さんは多いのではないでしょうか。

わが子が自ら進んで勉強しない場合、
「何度も声かけしないとうちの子は勉強してくれない」と悩まれたり、

「わが子に勉強する意欲をもっと持ってほしい」
「勉強を好きになってほしい」
「声かけしなくても自ら勉強する子になってほしい」

と望まれる方も多いと思います。

そこで今回は、現役東大生が小学生時代、

・両親から1日何回くらい「勉強しなさい」と言われていたのか?
・小学生、中学生時代になぜ勉強したいと思ったのか?

というアンケート調査を実施いたしました。

調査の結果、現役東大生の小中高時代の勉強の取り組み方の
リアルな実像が浮き彫りになったと思います。

「ひまわり教育研究センター」では、教育の精度をさらに高めるために、
多数の保護者の方を対象にリサーチを行い、データベースを蓄積していきます。

データは幼児教室ひまわりの教育ノウハウのエビデンスとして活用し、
その一部を、今回のようにプレスリリースとして配信もしていく予定です。

新たな調査結果が出ましたら、随時ご紹介していきます。

引き続きよろしくお願いいたします。

今回のプレスリリースについて、多くのメディアさまにもご紹介いただきました。

以下、ご紹介いただいたメディアさまの記事です。ありがとうございました。

マイナビ子育て

ITmediaビジネスONLINE

OTONA LIFE | オトナライフ

まいどなニュース

All About NEWS

めるもニュース

Ameba News

ソクラテスのたまご

子供を医者にするための厳選情報 無料メルマガの詳細を見る教室での授業に興味がある方へ 幼児教室ひまわりへ問い合わせをする