幼児教室ひまわり|講師紹介

講師紹介

当教室では大阪大学医学部を卒業した塾長の熊野をはじめ、実際にわが子を京大医学部、阪大医学部、東京大学などに合格させた実績を持つ幼児教育のプロフェッショナルが講師を勤め、教育法の研究、指導をしております。

こちらのページでは、幼児教室ひまわりの講師陣のご紹介をしています。

幼児教室ひまわり塾長 熊野貴文

 

灘中・灘高卒、大阪大学医学部現役合格、同校卒。

1978年兵庫県神戸市生まれ。
2歳の頃から数々の幼児教育を受け、進学塾へ通うための準備を始める。
2歳~5歳の間は、自宅での勉強に没頭し、小学校に入るまでの基礎知識を身につける。
6歳になる頃には因数分解(公立中学3年で習う内容)が出来るようになったり、自分の名前や、親戚一同の名前を漢字で書けるようになる。

小学3年生から進学塾へ通うようになり、この頃から「医者」という目標が明確になる。
小学校4年生から灘中学への入学を意識し、効率の良い勉強法を身につけ、模擬試験では全国1位の成績を収める。
小学校6年時代には、その勉強方法が話題を集め、NHKやフジテレビなどの特集に出演する。

灘中・灘高時代は「医者になりたい」という志をもった仲間と共に、医学部合格を目指して日々の勉強に取り組む。
周囲の環境の影響もあって、高2の冬の時点で、東京大学A判定を取得する。その後、順調に成績がアップし、高3の夏の時点で大阪大学医学部A判定を取得し、万全の体制で大学受験に挑む。

1997年、大阪大学医学部に現役で合格。
医学部時代、教育に深い興味を抱き、家庭教師センターの統括マネージャーとして累計1100人以上の教育指導に携わる。
その時期に、幼児教育の重要性を再認識し、幼児教育について見識を深める。

2003年、大阪大学医学部卒業後、医師として、大阪大学付属病院(阪大病院)や市中病院など数々の病院で勤務医として医療に携わる。
その後、「自分が両親から授けて頂いた本当の教育方法」を世に広めることに対して使命を感じ、現在幼児教室ひまわりの運営を行っている。

主任講師 藤井小百合

藤井小百合

こんにちは、幼児教室ひまわり主任講師の藤井と申します。講師を代表して、ご挨拶させていただきます。
私は2人の子供を東大と横浜市立大学医学部を卒業させた経験をもとに、幼児教育の講師として、知育のメソッドを皆さまに伝えています。

もともと私は熊野先生のメルマガ読者だったのですが、幼児教室ひまわりの理念と教育方針に共感し、2015年より主任講師としてノウハウの開発や、各種講義、保護者の方の面談を担当させていただいております。

幼児教室ひまわりに通っておられる方、そしてこのページをご覧になっておられる方は、今子育て中の方も多いと思います。そういう意味では、私は皆様の少し先輩にあたるのかもしれません。

自分自身の子育てを振り返ってみると、今となっては「かけがいの無い経験」だったと思います。もし許されるのであれば、一日だけでもよいので、あの時間をもう一度味わいたいとも思っています。

でも、当時の私は日々の葛藤や迷いのなかで、とても苦しんでいました。
私自身が短大卒の学歴しかなかったので、子供の教育、そして勉強という世界は「はるか遠い世界」のように感じられました。

このような不安と迷いで、私の心はいっぱいでした。

今となっては、それも良い経験だったと笑えますが・・・当時の私は苦しんでいたこともよくありました。だから、今子育て真っ最中のお母さま、お父様のお気持ちは手に取るように分かります。

だからこそ、20年前の私のような、「子供の力を絶対に伸ばしてあげたい」と戦っている親御さんのために、全力で力になってあげたいと願っています。

私たちがお伝えしている教育法は、子供を医者にした親、東大に合格させた親など、教育で成果を出してきた親たちが実践してきたことのエッセンスです。
ぜひ楽しみながら、一緒に学んでいきましょうね。

講師 大平博美

 

こんにちは、幼児教室ひまわりの大平と申します。私の2人の子供は京都大学医学部、大阪大学医学部に現役合格し、医者になりました。そんな私の教育法が皆さまのお役に立てると思い、幼児教室ひまわりで教鞭をとらせて頂いています。

私自身の子育てを今思い返してみると一緒に楽しんだことばかりが頭に思い浮かびます。でもじっくり考えてみると、時間に追われ、思ったことをやってやれない自分自身にイライラしたこともありました。どんな教育法が正しいのかが見えずに試行錯誤し、自分の子育てに自信を失いかけた時期もありました。

ただ、私がずっと信じてきたのは、「子供はみんな無限の能力を持って生まれてくる。それを引き出しせるかどうかは親にかかっている。だから子供のことを信じてあげること」という考え方です。

実際、ちょっとした気づきや工夫で、お子さんの無限の力を引き出せるチャンスがたくさんあります。子供の能力を引き出すための基礎をしっかりと実践し、そんなチャンスを少しでも多くしていくことが、成功の秘訣だと思っています。私がやってきた実際の方法を受講者の方にお伝えしていきます。ぜひ一緒に子育てを楽しみましょう。

講師 柴田希世美

講師 柴田希世美

こんにちは、幼児教室ひまわり講師の柴田と申します。
熊野先生の「未来を支えて行くような賢い子供を育てるための、一流の教育法を伝えたい」という理念に共感し、講師を務めさせていただくことになりました。

わが子は熊野先生の灘中学、灘高校の後輩にあたります。私はわが子の教育を胎教からスタートしました。生まれる前から家族の一員としてコミュニケーションを取ることで親子の絆を強くし、信頼関係も深まり情緒が安定した子供になったと思います。

そして、子供が小学2年生になるまで正社員として働いていました。朝早くから夜遅くまで保育園へ預けていましたので、休日はスキンシップをとても大切にしました。限られた時間を最大限活用してわが子の教育(知育)に取り込んでいましたので、働くお母さんの子育ての大変さもよく分かります。

「子供を上手に誉めることで、その才能は無限に伸びていく」という理念のもと、わが子の教育に取り組んできました。子供の能力を引き出すためのコツはたくさんあります。ぜひ私たち先輩講師から、そのヒントを学び、実践していただければ嬉しいです。一緒にがんばっていきましょう。

講師 上田尚子

講師 上田尚子

こんにちは、幼児教室ひまわりで新しく教鞭を取らせていただくことになりました、上田尚子と申します。

すでに一部の会員さまともお会いさせていただき、僭越ながらご指導させていただきました。
お会いできましたお父様お母様方はとても真摯な方ばかり!しっかり私の考えが伝わったように思います。皆様のお悩みを解決する手助けができましたこと、大変嬉しく思います。

私も子育て中は、パワーみなぎる三人男子の子育てに、日々全力で奮闘してきました。

子供の意思を尊重することを大事にし、しっかり遊びしっかり学ばせるというのが私のモットーです。そのために、「忙しい3人の育児をいかに効率的に最大限効果的にすべきか?」と、常に創意工夫をしてまいりました。

日々のちょっとした工夫、ちょっとした知恵、ちょっとした言葉がけ、ちょっとした考え、ちょっとした気持ちのもちよう・・・それぞれはほんのちょっとしたことであっても、毎日が大きく違ったものになります。そしてそれはやがて大きな結果を結んでくれることに繋がるのだと思います。

また、私は文武両道を意識して教育をしてきました。勉強だけでなく、長男は中高ラグビー部主将として、次男はバスケット部、三男はアメフト部で活躍してきました。

そのような、沢山の私の創意工夫、知恵や考えを皆様にお伝えしたいと思っております。

あんなに可愛かった子供達も今ではすっかり成長してしまいました。そんな子供達に代わり、皆様のお子様の子育てに携われることをとても嬉しく思っております。少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

事務局長、サポートチーム責任者 加藤牧人

 

こんにちは、幼児教室ひまわり事務局長の加藤です。

私は2つの業務を担当しています。1つは、教材や講座を受講された方に対しての個別相談窓口です。プログラムをお子さんの実践に生かすための指導や個別相談を、年間500件以上対応していますので、莫大なデータベースを蓄えています。2つ目は、中学受験のなかでも、「社会」の科目の勉強法講座や教材開発の仕事です。私は中学受験の社会科では誰にも負けない自信があります。社会科で四谷大塚のテストで全国トップになった経験をもとに、保護者の方に指導しています。

藤井先生と同じく私も熊野先生のメルマガ読者でしたが、熊野先生の活動をより多くの方に知ってもらうために、幼児教室ひまわりのスタッフとして着任しました。

私自身も中学受験を経験しており、小学校5年生の春という比較的遅めに受験勉強をはじめましたが、愛知県の東海中学に合格しました。愛知でトップの中学校に合格した経験を通して、得意教科の社会科の学習法を中心に指導をしています。

私は子供の頃から社会情勢に詳しく、世の中の仕組みに興味を持っていました。その延長線上で、今でも社会科については常に知識がブラッシュアップされています。

これからは、技術の進化が今以上の勢いで進み、予測できない時代になっていきます。
終身雇用も崩壊し、安心できる大手企業も今以上に少なくなっていくでしょう。

そのため、「自ら生きていく力」というものが必要になってきます。
「勉強しかできない」大人にさせないためにも、幼児教育の段階で準備しておかなければいけません。

各プロジェクトや特別会員コースなどに参加された方は、私が責任者を務めるサポートチームのアドバイスを受けることができます。あなたの疑問点がなくなるまで、私たちが懇切丁寧にアドバイスしますので、ぜひ質問してください。

子供が将来、強くたくましく生き、そして社会貢献できるような大人に育てるために、私たちと一緒に頑張っていきましょう。

最高峰の教育スキルを、分かりやすく学べます

私たちの教室では、「実際に子供を医者にしたり、東大に合格させた親のプロ級の教育法を、誰でも実践できるような学びの環境」をご提供したいと思っています。

ですから、お伝えするノウハウが独りよがりで偏りがあってはいけません。また、実践が難しすぎてもいけません。

誰でも簡単に実践でき、成果が期待できる教育法をお伝えすることが、私たちの使命であると考えています。

その目的を達成するために、以下の3つをポリシーとして講師を集めています。

1.圧倒的な子育て実績を持つ講師陣
授業

当教室で教育法を指導している講師陣は、わが子を国公立の医学部を卒業させて医者にした、灘中学に合格させた、東大に合格させたなど、圧倒的な子育て実績を持っています。

自分たちが成功してきた経験を持つからこそ、その教育法を指導できるといえます。

またそれだけではなく、実際に幼児教室や塾を経営していたり、10年以上のキャリアを積んでいるようなベテランが集まっています。

子供の教育に関しての絶対的な自信と深い知識を持っている教育のプロフェッショナルが集まり、その教育法を指導しています。

2.中立的で再現性が高いノウハウを指導

スキルアップ

圧倒的な成果を出した親は、間違いなくご自身のお子さんの教育法を深く学ばれ、考え抜いています。

ただこれが、「そのお母様(お父様)しかできない」「その人のお子さんの場合しか成果が出ない」というのでは、意味がないと考えています。

つまり、偏りがあっては再現性がないということになります。

ですから、幼児教室ひまわりでは実際に子供を医者にした複数の親が講師として在籍しています。

一人の成功体験ではなく複数人の事例を、実際に大阪大学医学部を卒業して医者になった塾長の熊野が検証し、ノウハウとして指導しています。

また、私たちの教室の講師は幼児教育や小学生の教育のプロとして現場で活躍しています。自分が経験してきたことだけでなく、教育の専門家視点でのノウハウを指導しています。

3.親目線と子供目線の両方から作られたノウハウ
親子で勉強

私たちの教室の講師陣は、以下の2つのパターンに分かれています。

1.わが子を医者にしたり、東大に合格させたり、名門中学校に合格させた母親
2.実際に医者になった人、難関中学校を卒業してきた経験者

そして、当教室の教育ノウハウは実際に子供を医者にした親たちの経験から開発されていますが、それに加えて、「実際に受験戦争で戦ってきた経験者」としての視点からも開発されています。

つまり、親視点(実際に子供を医者にした立場)と子供視点(実際に受験戦争で勝ち抜いたり、医者になった立場)の両方の視点から練られています。

なぜなら、どんなに優れた教育法であったとしても、受験戦争で実際に戦っていく子供の気持ちを理解しておかないと、その効果が期待できないからです。

たとえば塾長の熊野は、関西名門の灘中学、灘高校を卒業し、大阪大学医学部に現役合格した経歴を持っています。

事務局長の加藤先生は、東海地区名門の東海中学校、東海高校を卒業し、小学校時代に社会で全国トップの経験者です。

このように、親目線と子供目線の両方から捉えた教育法をあなたにお伝えしていきます。

現在地:トップページ講師紹介

無料メールマガジン 無料コンテンツ