調査結果:東大生は何歳でひらがなを読めるようになったのか? 

子供の能力を最大限伸ばす方法を、 日本でいち早く確立していきます。 子供の能力を最大限伸ばす方法を、 日本でいち早く確立していきます。

活動報告・研究データベース

調査結果:東大生は何歳でひらがなを読めるようになったのか? 

ひらがな

ひまわり教育研究センターの加藤です。

今回の調査は、
「東大に合格するような学力の高いお子さんは何歳頃にひらがなを読めるようになったのか?」
についての実態調査です。

こちらのアンケートのデータ解析が終わりましたので、ご紹介いたします。

「ひらがなはいつごろから教えたらよいのか?」
幼児期のお子さんをお持ちの親御さんにとっては、関心の高いことの一つであると思います。

このような結果になりました。

現役東大生220人アンケート調査で判明!「あなたがひらがなを読めるようになったのは何歳ですか?」男女別、学部別徹底比較。」

簡単に結果をまとめますと、

現役東大生の

・32.2%が2歳半までに
・53.0%が3歳までに
・90%は4歳までに

ひらがなを読めるようになっていました。

この結果を見ると、
「一般的な年齢より早くひらがなを読めるようになっている」と言えると思います。

将来、東大に合格するほどの高い学力を身につける子は、早くからひらがなを読めるようになっていたということですね。

この結果については、幼児教室ひまわりの講師たちも納得していました。
講師たちのお子さんたちも、早くからひらがなを読めるようになっていました。

ひらがなを読めることで、子どもが見える世界が変わっていきます。
早く読めれば読めるほど、自分で世界を広げることができるのです。

ひらがなを読むことで、新しい知識をどんどん吸収し、新しい体験をどんどん積んでいきます。
こうして、自然と楽しみながら学び、将来の学習の土台ができていくんですね。

実際、子どもは1歳を過ぎた頃からもう文字に興味は出てきます。
その興味に応える形で、「ひらがなを読む機会」を与えてあげれば良いのです。

これは決して「詰め込み教育」にはなりません。

親御さんが上手に働きかけることで、お子さんは楽しみながらひらがなを読めるようになっていきます。

「ひまわり教育研究センター」では、教育の精度をさらに高めるために、
多数の保護者の方を対象にリサーチを行い、データベースを蓄積していきます。

データは幼児教室ひまわりの教育ノウハウのエビデンスとして活用し、
その一部を、今回のようにプレスリリースとして配信もしていく予定です。

新たな調査結果が出ましたら、随時ご紹介していきます。

引き続きよろしくお願いいたします。

子供を医者にするための厳選情報 無料メルマガの詳細を見る教室での授業に興味がある方へ 幼児教室ひまわりへ問い合わせをする