調査結果:東大生は意外とテレビやゲームが好き? 

子供の能力を最大限伸ばす方法を、 日本でいち早く確立していきます。 子供の能力を最大限伸ばす方法を、 日本でいち早く確立していきます。

活動報告・研究データベース

調査結果:東大生は意外とテレビやゲームが好き? 

テレビ

ひまわり教育研究センターの加藤です。

今回の調査は、
「東大に合格するような学力の高いお子さんは、小学生の頃、どんなことをして遊んでいたのか?」
「テレビやゲームとはどのようにつきあっていたのか?」
についての実態調査です。

こちらのアンケートのデータ解析が終わりましたので、ご紹介いたします。

親御さんの大きな悩みの一つは、
「ゲーム、テレビ、YouTubeなどの動画視聴」との付き合い方ではないでしょうか?

私たちのもとにも、お子さんが

・ゲームやYouTube視聴に夢中になって困っている。
・あるいは、ゲーム依存になるのを恐れて与えるべきかどうか悩んでいる。

といったご相談が届きます。

このようなお悩みを抱えている親御さんにとって、今回のアンケートは興味深い結果となりました。

東大生は意外とテレビ、ゲーム好き?調査で判明した現役東大生の小学生の頃のリアルな遊び事情

簡単に結果をまとめますと、

東大生が平日によくした遊びで一番多かった回答は、「パソコン、携帯、テレビなどのゲーム」でした。

東大生も小学生の頃にゲームで遊ぶのが好きだったということですね。

テレビの平日の視聴時間も、「毎日2時間程度」が最も多い結果となりました。

「東大に入るような学力の高い子供たちは小学生の頃、テレビやゲームなどの娯楽は
あまりしていないのではないか?」
と、親御さんは思っておられたかもしれません。

ですが、現役東大生も小学生の頃は、ゲームやテレビを楽しんでいたという結果になりました。

テレビやゲームは、ある程度の時間で楽しみ、
かつ、きちんと学習を重ねれば、学力を高める上で問題はないということが言えると思います。

「ひまわり教育研究センター」では、教育の精度をさらに高めるために、
多数の保護者の方を対象にリサーチを行い、データベースを蓄積していきます。

データは幼児教室ひまわりの教育ノウハウのエビデンスとして活用し、
その一部を、今回のようにプレスリリースとして配信もしていく予定です。

新たな調査結果が出ましたら、随時ご紹介していきます。

引き続きよろしくお願いいたします。

子供を医者にするための厳選情報 無料メルマガの詳細を見る教室での授業に興味がある方へ 幼児教室ひまわりへ問い合わせをする