調査結果を公開:偏差値60以上。塾に通い始めたのはいつ?

子供の能力を最大限伸ばす方法を、 日本でいち早く確立していきます。 子供の能力を最大限伸ばす方法を、 日本でいち早く確立していきます。

活動報告・研究データベース

調査結果を公開:偏差値60以上。塾に通い始めたのはいつ?

塾データ

ひまわり教育研究センターの加藤です。

今回の調査は、
「あなたのお子さんは中学受験対策塾(公文などを除く)に何年生から通われましたか?」
についての実態調査です。

こちらのアンケートのデータ解析が終わりましたので、ご紹介いたします。

中学受験を考えている親御さんたちは、
「いつから中学受験対策塾に通わせるのがベストなのか?」
ということに、とても関心があると思います。

「早くから入塾しないと席が埋まってしまうのではないか」
「早くから入塾したら後から失速してしまうのではないか」

など、様々な情報が飛び交い、通い始める時期はいつが最善なのか?
と悩まれる親御さんも多いと思います。

さらには、中学受験塾は総じて高額であり、
親御さんにとっては経済的な負担も大きいものです。

そこで今回は、偏差値60以上の中学校に通う保護者の方を対象に、
通塾の時期についての調査を行いました。

気になるアンケート結果は・・・

非常に興味深い結果となりました。

[アンケート調査]「中学受験塾に通い出したのは何年生から?」全国偏差値60以上の中学校に通う保護者調査

今回のアンケートで少し驚いたのが、「◯◯◯いない」という意外な返答が、
20.7%と多かったことです。

今の親御さん世代が子どもの頃の時代では、
お住いの地域が、少し不利な環境になっている部分もあったと思います。

自宅の近くに大手進学塾がないと、
モチベーションの維持が難しかったり、中学受験自体を諦めてしまったりすることもあったと思います。

ですが、今の時代では、オンライン授業や通信教育、家庭教師、学習アプリ、動画配信など、
学びの手段は数多くあります。

お住まいの地域が多少不利な環境であっても、
難関中学を目指せるくらいの学力を十分身につけることができると思います。

「◯◯◯いない」という返答が20.7%と多かった背景には、
そういった時代の変化が関係しているのかもしれませんね。

「ひまわり教育研究センター」では、教育の精度をさらに高めるために、
多数の保護者の方を対象にリサーチを行い、データベースを蓄積していきます。

データは幼児教室ひまわりの教育ノウハウのエビデンスとして活用し、
その一部を、今回のようにプレスリリースとして配信もしていく予定です。

新たな調査結果が出ましたら、随時ご紹介していきます。

引き続きよろしくお願いいたします。

子供を医者にするための厳選情報 無料メルマガの詳細を見る教室での授業に興味がある方へ 幼児教室ひまわりへ問い合わせをする