医者になる理由・・・実際に成功する人は?

お子さんを医者にするために役立つ情報

どんな理由で医者を目指す子が、成功するのか?

医者を目指す理由

私のところには、「子供が医者になりたいと言っている」という保護者の方が、数多く相談してこられます。自分が灘中学に合格し、実際に医者になった経験をもとにアドバイスをしていくのですが・・・その時に、私が最初に聞くことがあります。
それは、「お子さんは、なぜ医者になりたいのですか?」ということ。つまり、「医者になる理由」についてです。

なぜなら、「子供がなぜ医者になりたいのか?」を聞くことで、その子の本気度合いが分かるからです。(「親の本気度合い」ではないです。)


そこで考えていただきたいのですが、なぜあなたは子供さんを医者にしたいのでしょうか?

・安定している職業である
・収入が高い
・周囲から尊敬される
・人の役に立つ仕事
・とりあえず資格があれば将来が安泰

などの理由を思いつく方が多いかと思います。

しかし、これらの理由をお子さんに話して、「○○○だから医者になりなさい」と言っても、
お子さんは医者になりたいと思いません。
と言いますか・・・このような中途半端な理由では、実は医者になるための厳しい勉強に耐えられません。


それではどんな理由で医者を目指す子が、実際に医者になることができるのでしょうか?


こんな強い理由があれば、医者になれる!

私が医学部に通っていたとき、そして医者になってから・・・
100人以上と「なぜ医者になったのか?」という話をしました。
医者という仕事は特殊な仕事なので、こういう話題になりやすいのです。
ですから、「実際に医者になった人が、どういう理由で医者になったのか?」ということについては、自信を持って答えることができます。

正確にいうと、今からお話しする動機でしか、「医者になるためのつらい勉強に耐えられない」ということです。


本当に医者になれる子・・・彼らが医者になる理由は、次の2つの両方があることです。
(片方ではありません。)

1、医者という仕事に対する憧れ
2、親に認められたい、親を喜ばせてあげたい


という2つの理由の両方があるとき、それは強いエネルギーとなり、つらい勉強を勝ち抜くことができます。
これらを順番に見ていきましょう。


1、医者という仕事に対する憧れ
医者という特殊な仕事・・・この仕事についてカッコいいと思ったとき、子供は自分が医者として働いているシーンを想像します。
医者として働いているシーンを想像することは、具体的なイメージとして、心の深い部分である潜在意識にまで浸透していきます。
やがては、その憧れがエネルギーとなり、子供の心を強く動かします。

小さなときからお子さんに医者の世界をイメージさせることは大きな効果が期待出来ます。
医者になったら毎日どんなふうに働くのか、患者さんからどんな言葉をかけてもらえるのか、人を救った時の大きな喜びなどを疑似体験させてあげることで、どんどん夢がふくらんでいくことでしょう。


2、親に認められたい、親を喜ばせてあげたい
医者になるまでの道のりは険しく、途中で何度も挫折しそうになります。
「自分には無理なんじゃないかな?」と思い、投げ出したくなる時もあります。
そこで必要なのが、お父さん、お母さんの支えなのです。
子供は親に認められたいから本気で勉強します。
「○○○ちゃん、偉かったね」と言ってほしいから、親を喜ばせたい純粋な気持ちで、
自分の能力を信じ、勉強します。



お子さんを医者にしたいと思ったなら、この2つの「医者になる理由」について意識して見てください。子供が医者になるために必要なエネルギーを、親が与えてあげることで、夢が大きく近づいてくることでしょう。


幼児教室ひまわりでは、お子さんを医者にするために役立つ濃い情報をメールマガジン(全国対応)で無料で配信しています。
灘中学に合格し、実際に医者になった私の体験談をもとに、子供の能力を引き出すための本質的なことをお伝えしていきます。

受験勉強に負けない強い心の培い方、チャレンジ精神の養い方、子供の脳を鍛える幼児教育の方法などを分かりやすくお伝えしていきますので、楽しみながら学んでいただくことができます。

メールマガジンの購読は無料ですので、以下よりお気軽にお申し込みくださいませ。

子供を医者にするための厳選情報 無料メルマガの詳細を見る教室での授業に興味がある方へ 幼児教室ひまわりへ問い合わせをする
無料メールマガジン

この記事を読まれた方にオススメの情報5選

現在地:トップページお子さんを医者にするために役立つ情報

無料メールマガジン 保護者インタビュー