子供を医者にしたい方へ|幼児教室ひまわり

幼児教室ひまわりでは、「子供を医者にしたい」という保護者の方に向けて、幼少期の能力開発や、小学校時代の環境づくりなどをサポートしています。

特に男の子をお持ちの親御さんにとって、
「子供を医者にしたいけど具体的な方法が分からない」という戸惑いは非常に大きいです。
そして、「教育を施すには頭脳の柔軟な幼少時代が、運命を決める」と分かっていながらも、何をしてよいかが分からず、時間ばかり過ぎていくことに焦りを感じている方もおられることでしょう。

実際、「子供を将来医者にしたい」と願う保護者の方は、幼少時代からお子さんの教育を始めておられます。「医学部に合格する子供」の大半が中学受験を経験しているという状況からも、小さな頃から準備しないと間に合わないということが感じ取れます。

しかし、同じように幼児教育を始めても・・・
「トントン拍子に成績が上がり、挫折することなく国立の医学部に合格できた」
というお子さんがおられる傍ら、

「途中で勉強のやる気がなくなってしまい、普通の子になってしまった」
「進学塾の授業についていけず、投げ出してしまった」
「周囲の友達に流されてしまい、塾に行かなくなってしまった」
「進学塾の入塾テストにすら通過できなかった」
という途中で夢を諦めざるを得ないお子さんもおられます。

全く違う結末をたどってしまうのは、「医者になるための幼少期の過ごし方」に関しての正しい知識を知らなかったのが、大きな原因です。

お子さんは、みんな無限の可能性を秘めており、誰もが天才と言っても過言ではありません。
私は、母親から与えてもらった、「医者になるための、才能の作り方」をお伝えし、夢をかなえるお手伝いをしたいと願っております。

幼児教室ひまわり塾長
大阪大学医学部卒
熊野貴文

まずはお子さんの状況をお聞かせ下さい。幼児教室ひまわりへのお問い合わせはこ ちら
無料メールマガジン 保護者インタビュー