当教室の書籍が神戸新聞でご紹介いただきました。

活動報告ブログ

当教室の書籍が神戸新聞でご紹介いただきました。

幼児教室ひまわり事務局長の加藤です。

当教室から5月末に出版した新書「子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと」が、8月4日付・神戸新聞パブリシティコーナー(書籍紹介)でご紹介いただきました。

神戸新聞キャプチャ

以下のように掲載されました。

※以下、神戸新聞パブリシティコーナー記事の抜粋となります。

・・・・

「子どもを医者にした親たちが幼少期にしていたこと」が全国の主要書店や、アマゾンなどで次々に売り上げやランキングの上位を獲得しています。

「わが子を医者にしたいという親だけではなく、親子で目標を設定し、それに向かって学習する教育法について全国から毎日問い合わせがある」。こう話すのは著書で「幼児教室ひまわり」塾長の熊野貴文氏。自身も大阪大学医学部に現役合格。医師として医療に携わった後に、自身が受けてきた教育法を多くの人に広めたいという思いから、親御さん対象の幼児教室を創設した。

この本には熊野氏以外にも、長男を東大理Ⅲに首席合格させ、次男、三男も京大、東大に合格させた経験を持つ現役塾講師たちも登場。その教育法は意外とシンプル。誰にでも実践可能なことばかりなので、幼少期のお子さんを持つ親御さんは、ぜひご一読を。

・・・・

ご紹介をいただき、ありがとうございました。

子供を医者にするための厳選情報 無料メルマガの詳細を見る教室での授業に興味がある方へ 幼児教室ひまわりへ問い合わせをする

現在地:トップページ活動報告ブログ

無料メールマガジン 無料コンテンツ