今日から実践できる3つの知育術セミナー 活動報告|2020年1月23日

活動報告ブログ

今日から実践できる3つの知育術講座(大阪会場)を開催しました。

大平20200123

塾長の熊野です。

本日は大平先生の知育術のセミナーを開催しました。

平日でしかも雨でしたが、皆さま来て下さいました。

大平先生はお子さん2人を京都大学医学部と大阪大学医学部に現役合格させた経歴を持ち、有名な幼児教育の会社の幼児教育カウンセラーとして15年間の指導経験を持つ、幼児教育のスペシャリストです。

本日のセミナーは、幼稚園くらいまでのお子さんをお持ちの親御さんを対象に、「忙しい育児のなかでも、今日からすぐに実践できる知育術」を3つのポイントに分けて指導する、速習講座でした。

→ 講座の詳細案内はこちら

お子さんの興味をどうやって引き出すか、興味の中からいかに多く学ばせるか、お子さんとの大切な時間をどんな気持ちで過ごすかという部分について、皆さまに学んでいただきました。

特に自然体験のなかでお子さんをどう遊ばせるかについては、大平先生の子育て経験をもとに、詳細にお話させていただきました。

受講された皆さま、とても満足して下さったように感じています。

「今日からすぐにできることが分かった」「子育てのモチベーションが上がった」「子供の可能性をもっと広げてあげたいと感じることができた」というような感想が多かったです。

足元の悪い中、来て下さったことに感謝します。

大平先生の次回の講座は、

・大阪会場 2月11日(祝)
「子供の語彙力を増やすための親の接し方」

・東京会場 3月12日(木)
「今回と同じテーマの講座」

このような予定となっています。お子さんの知育の能力を短時間でアップさせるための内容となっていますので、興味のある方はぜひ学びにきてください。

講座の受付体制が整い次第、こちらのコーナーにアップ予定となります。

以下、今回の参加者の方に頂いたアンケートをご紹介します。
皆さまの熱意が伝わってくる、メッセージをたくさんいただきました。

これからも私たち一緒にがんばっていきましょう!

参加者の方の体験談

「○○○やろうよ」と一緒に遊びに誘うが、「できないからやらない」と投げやりになってしまう状況をどうやって解決すれば良いかというヒントが得たく参加しました。セミナーを受講して、子供とできるだけ一緒に遊んで、知識、興味をどんどん広げていきたいと思いました。1日1日が本当に大切なのだと感じ、子供をよく観察し、望んでいるものを察することを意識していくところが重要なのだと感じました。(H・Hさま)

今、子供に何ができるのか、何をすべきなのか、大平先生の実体験、成功事例なども聞かせて頂きたいと思い参加しました。わが子の能力が最近伸び悩んでいる状態なので、今回のセミナーを通してモチベーションをあげて頂くことができました。(Yさま)

普段時間に追われ、イライラしながら育児をしてしまっているので、子供の自己肯定感を高めてあげられていないと感じています。その中で大平先生の講座で、子供の自己肯定感を高める方法、賢くするための基本(知育術)を少しでも学ぶことができたらと思い参加しました。少しでも時間を作って、子供と一緒に心から楽しんで遊びたいです。そして、普段の何気ない生活、会話の中で好奇心をくすぐる工夫もしていきたいです。また子供に合った、興味の持てる体験学習をたくさんさせてあげるなかで、イメージを膨らませる言葉がけをし、物事を深く考える力や豊かな感受性を育んであげたいです。今日から1日1日を大切にがんばります。(Y・Nさま)

日常生活で子供が楽しみながら実践できる知育方法を学びたいと思い参加しました。教えて頂いた内容がすぐに実践できるものばっかりだったので、遊びのバリエーションがすごく広がりました。自分が失敗して見せるという発想が無かったので、とても勉強になりました。セミナーを受講しながら、気になったことをすぐ質問することができて、答えを頂けたので良かったです。(けいこりんさま)

タイトルの「今日から実践できる3つの知育術」が気になり、毎日育児をしているなかで、日々の小さな心がけで子供に考えるくせを付け、賢く成長してほしいと思い参加しました。普段私が仕事と家事で時間が無い中で、あまり遊びに付き合ってあげられなかったため、これからは時間を決めてでも遊びに付き合ってあげようと思いました。今日からすぐに始められる子育てのポイントをたくさん教えてもらい、日々の生活に役立てそうなものばかりでした。私は料理を一緒に作る機会があまりなかったので、行事ごとに何か料理を作ってみようと思います。(匿名希望)

子供の鍛え方、親としての勉強をしたいと思い参加しました。自然体験の3つのポイントの箇所で、「子供の望むこと」という視点が印象に残り、それを探す工夫をしていきたいと思いました。子供と一緒に参加できるセミナーもあれば嬉しいです。(COCOさま)

子供の地頭を育てる方法やそのための考え方を知りたいと思い参加しました。子供の遊びに対しても面倒くさがらず、楽しんで取り組み、親が楽しんでいる姿を見せたいと思いました。乳幼児期の教育と受験の教育はある意味で別物であると感じました。ベース作り、基礎の地頭作りの方法、重要性を学び、教育課程のなかで乳幼児教育がどんな位置づけにあるかを理解できました。(K・Yさま)

今日から実践できる知育術を知りたい、学びたいと思って参加しました。親が一緒にやることの重要性が分かりました。(匿名希望)

5歳の息子がやんちゃで難しいと感じることがあり、公文式を習っていますが、嫌がって全然進まず、どのように学力を付けながら楽しく過ごせるかを知りたいと思い、参加しました。親も一緒に楽しむということが重要だということが分かり、子供に目を向けなければと思いました。子供の将来は親次第ということを肝に銘じて、これから日々がんばっていこうと思いました。もう5歳なのですが、子育てについて、親のあり方について、非常に参考になりました。先生の熱意が伝わってきました。(N・Tさま)

何は今の自分に足りないのかを知りたく参加しました。講座でならったことをしっかり実践していきたいです。とことん子供の楽しいことに付き合ってあげたいです。セミの羽化の話を聞き、とことん子供の楽しいことに付き合う大平先生は、「さすがだな」と思いました。(R・Fさま)

4歳になったばかりの息子がいます。どんどんと彼なりの人格も出来てる中で、持っている才能をうまく伸ばしてあげるには、親の役割が大切だと思い、今後に生かしたいと考え、今からできることをたくさん学びたいと思い参加しました。親の関わり方しだいで、これからの子供の成長に大きな差が生まれてくることに危機感を覚えました。仕事をしているもので、接する時間がすくないので、もっと子供との時間を作り、一緒にたくさん遊んであげたいと思いました。子供ともっと時間をかけて向き合っていきたいと思っていても、日常生活で忙しいと、ついつい時間が取れず、一人遊びをさせてしまっていたなと反省しました。お話を聞いて時間に限りがあることを痛感しました。これからはもっと子供と遊んであげたいです。(H・Yさま)

潜在意識の扉が開ききっている乳児期に有効かつ楽しんであらゆる能力を開花させることができ、将来の夢を実現、それまでの道のりにある壁を自らの力で乗り越えられる力をつけるための知育術を学びたく参加しました。普段忙しさのなかで、子供の話や質問を簡単に受け流したりすることがあるので、今日からは子供の好奇心を育てるように、一緒に知識を増やし、調べることを共にしていきたいと思いました。一緒に楽しんで遊ぶ時間をもっと作っていこうと思います。普段の子供への接し方を意識して変えるだけで、子供の可能性、好奇心を育てることができること、また、接し方しだいでその可能性をつぶしてしまうことになるということが分かり、今すぐにでも変えて行かなければと思い、やる気が出ました。(なないろさま)

みなさま、ご参加ありがとうございました。

子供を医者にするための厳選情報 無料メルマガの詳細を見る教室での授業に興味がある方へ 幼児教室ひまわりへ問い合わせをする
無料メールマガジン

現在地:トップページ活動報告ブログ

無料メールマガジン 無料コンテンツ