東大理Ⅲ首席合格の母親の相談会(東京会場)の活動報告

活動報告ブログ

東大理Ⅲ首席の母親のグループ勉強会(東京会場)の活動報告です

上田先生 東京会場

幼児教室ひまわり塾長の熊野です。

何ヶ月も前からリクエストを頂き、お待ちいただいていた会員様向けのセミナーを4月3日(金)に開催いたしました。

長男を東大理Ⅲ首席、次男を京大医学部、三男を東大理Ⅲに、全員現役合格させた上田先生のグループ勉強会です。

弊社の会員さま向けに2月後半に大阪会場で開催した際に、多数のキャンセル待ち、そして60名以上の方からのリクエストを頂き、今回人数を限定して東京で開催いたしました。(前回の開催の様子はこちら

新型コロナウイルスの拡大につき、首都が閉鎖されるなどの情報が流れており、開催できるかどうかとても心配でしたが、何とか開催することができました。

「換気の悪い密閉空間であること」「人が密集していること」「近距離での会話や発声があること」という、政府から発表されているリスク要因の3密すべてを避け、徹底的な感染症対策を行いながら、少人数での開催といたしました。

安全に受講していただけるよう、写真のように一人一人の距離を2m以上保ち、窓を空けながらの授業となりました。

新型コロナウイルス流行の時期であるにも関わらず、熱意のある8名の方にご参加をいただきました。来ていただいたことに感謝いたします。

「来ていただいた方には、それ以上の成果を得ていただきたい。絶対に子育てに対して大幅にスキルアップして頂きたい」という想いの元、約2時間半の講座をさせていただきました。

皆さまとても満足していただき、今の子育ての悩みをしっかりと解決されました。そして上田先生からの直接指南を受けることで、今まで気が付いていなかった新たな気づきがあったり、子育ての達人のやり方を身につけられました。

新型コロナウイルスの影響でここ最近暗いニュースばかりですので、気分転換をしていただくことができてよかったなと思っています。


さて、大阪、東京の講座を開催し、上田先生の講座は保護者の方からとても好評でした。

今の世情につき当面は対面講座は難しいと思いますが、まずはオンラインでどんどん指導をしていただきます。そして、今回のコロナウイルスの騒動が落ち着けば、6月くらいには東京、大阪で対面講座も開催していただく予定です。

上田先生も、これからの活動をとても楽しみにしておられます。

実体験に基づく、「子供を東大理Ⅲに首席で合格させた母親の教育法」を皆さまにご指導させていただきます。

以下、今回の講座の体験談をご紹介します。

参加者の方の体験談

子供の継続する力のなさに日頃がっかりしている部分が多く、その力をつけさせるにはどうすればよいかを悩んでいました。自分の教育のなかで親の姿勢が問題なのかと思い参加しました。上田先生のお話を聞いて、子供のことがよく分かり、自分の説明、教え方にも問題があると気が付きました。他の受講者の方の質問やそれに対するアドバイスからも、自分の気づきになる部分が多く、教育法も学べてよかったです。子育ての先輩が実体験で話して下さるので素直に自分の中に入ってきました。(K・Tさま)

日常生活を楽しませながらも、勉強好きな子に育てるための方法を相談したいと思い参加しました。長男への関わり方が今まで間違っていたことがすごくよく分かりました。当たり前だと思っていたこと、全く気が付かなかったことが覆り、視野がとても広がりました。(らぱぬーいさま)

わが子は自身の弱点を認めずその点をどう対応すればよいのかに悩んでいました。また、暗記の定着を計るためにはどうすればよいかを知りたいと思いました。周囲のお子さんの良いところが目につき、どうしても比較して落ち込んでしまうことがあったのですが、上田先生の明るさと「これからですよ、楽しみですね」というお言葉やアドバイスにとても心が軽くなり、子供に申し訳ない気持ちになりました。「苦手を認めない」という子供に対して、「大人だって認めないし、子供は問題を解くだけにしてあげる」「目の前のことをやっていくうちに力が付く」など、様々なアドバイスをいただき、心に残りました。子供の悪い部分ばかりが目につきだしたら、自分自身のコンディションが悪くなっていると思っていいかもしれません。自身の子育てへの力みが少しゆるめられるような良い機会になりました。ご自身の教育方針に迷っておられる方は、ぜひ上田先生の講座の受講をおすすめします。(S・Mさま)

上田先生がお子さまへどのような接し方をされてきたかを学び、自分のやり方の見直しなどにしたく参加させていただきました。子供が分からないときには、できないことを指摘しても始まらない、それであれば自分の教え方を工夫することに力を使った方がよいというのが大きな発見でした。子育てのなかで様々な工夫を凝らしてこられた上田先生より直接アドバイスをいただけることで、自分の子育ての改善に自ら気づくことができます。(A・Kさま)

子供の成績が伸びないこと、伸ばすために親がどうしたらよいのかが分からず、上田先生のご意見を伺いたく参加しました。自分の子供より大きいお子さんがいらっしゃるお母さまの悩みが聞けたこと、上田先生の実際の子育ての具体的なお話を聞けて、自分もこんなふうにやってみようと思いました。最強の子育てをされた上田先生ご本人の体験談やアドバイスが聞け、自分の不安や悩みの相談を受けてくださるという、他にはないとても貴重で有意義かつ楽しい勉強会でした。(M・Kさま)

中学生の長男に対して、母としてどのようなサポートをしてあげられるか、輝かしい子育て経験のある上田先生のお話をお聞きしたくて参加しました。まず上の子に関しては、上田先生から大丈夫と言って頂けて安心しました。むしろ他の受講者のご質問を通して、下の子に関しての学びが多くありました。皆さんのお子様の悩み事、それに対する上田先生の適確なアドバスがあり、今後取り入れていただきたいことをたくさん教えて頂けました。子育てで悩んでいる方は、1人で悩まず、このようなセミナーに参加されることをおすすめします。(K・Eさま)

幼児期から、通塾する3~4年までのあいだにやっておいた方が良いことがあればご教授頂きたいと思い参加しました。他の参加者の方が言っておられたように、私も子供の理解があまり進まないとイライラすることがありましたが、今後は説明の仕方を工夫したり、媒体をうまく利用して教えたいと思いました。暗記科目より算数を強化すべきことを教えていただき、(主に中学受験対策に向けて)どのように種まきをすべきかがわかりました。(Y・Oさま)

3人のお子さんをそれぞれ高学歴に育て上げられた方が周りにはいないため、どのような方なのか、すぐにでも自分の子育てに取り入れられるよう参加したいと思いました。勉強ができない子に怒らない、理解できないことに対して怒らない、怒っても解けるようにならないというところに大きな気づきがありました。他にも苦手意識を植え付けない、勉強は好きでなくても嫌いじゃなければよいなど、とても役に立つ考え方を教えていただきました。他の方のご質問、悩み、それに対する上田先生のアドバイスについても参考になり、文章や本で読むのとは違う活きた情報が得られました。(M・Hさま)

ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました。

こちらのページに書いておりますように、新型コロナウイルスの騒動で次に東京でセミナーを開催するのは早くても6月、おそらく7月以降になると思います。

また、東京会場での活動が再開したら、ぜひお会いしましょう。

しばらくはオンライン主体の指導となると思いますが、当教室はオンラインを得意としていますので、このような時代のなかでも受講者の方へ、信頼性の高い情報と最高の学びの環境をご提供していきたいと考えています。

これからもよろしくお願いします。

子供を医者にするための厳選情報 無料メルマガの詳細を見る教室での授業に興味がある方へ 幼児教室ひまわりへ問い合わせをする

現在地:トップページ活動報告ブログ

無料メールマガジン 無料コンテンツ